iPhoneXへ機種変更時の注意点

iPhoneXへ機種変更を行う場合、いくつか注意点があります。

今までiPhoneを使用していて機種変更したことがある方は特に問題ないです。
変更自体は簡単で誰でも行うことができ、数時間もあれば行うことができます。

しかし、今まで機種変更したことがない場合やAndroidからの機種変更を考えている場合は気をつけなければいけません。
まず、今まで使用していた端末のバックアップを取得してください。

iPhoneの場合であってもAndroidの場合であっても必ずバックアップを取得する必要があります。

バックアップ取得は一時間程度かかる場合もあるので時間に余裕がある時に行ってください。バックアップを取得しなくてもiPhoneXを使用することはできますが、今まで使用していた端末のデータがない状態のため使いにくくなります。

そのため、iPhoneXを最初に使用する時に今まで使用していた端末のデータを移行させるためにバックアップを取得します。
また、バックアップを取得しておくと移行に失敗した時やiPhoneXをなくした場合に備えることもできます。
iPhoneXは今までのiPhoneと違う部分もあります。そのため、機種変更する時に変更しなくては行けない箇所が発生する可能性があります。


そのため、Appleからの公式アナウンスやiPhoneについてのニュースをチェックしておく必要があります。


ただし、ニュースが誤りの場合もあるため、注意しながらニュースをチェックしないといけません。

先日発表されたiPhoneXですが、初代から続いてきたホームボタンが廃止されました。



更にiPhone5sから続いてきた指紋認証機能が廃止され3D顔認証機能が搭載されました。

この3D顔認証機能は、髪型などを正しく認証するため指紋認証が廃止されましたが、安心してデバイスを利用できるでしょう。

指紋認証が搭載されているスマートフォンからの機種変更では大きな違いでしょう。

また、iPhoneXは従来のiPhone7plusにのみ搭載されていた背面のデュアルカメラが採用されました。



背面から見ると左上に縦にレンズが並んでおり、レンズ、フラッシュ、レンズの順になっています。

以前のカメラではできなかった光学ズームにも対応し、写真にこだわる方にお勧めできるポイントでしょう。


今回発表されたiPhoneXとそのほかの機種では、全てワイヤレス充電に対応しています。

かの有名なコーヒー店では、ワイヤレス充電のクレードル設置が検討されています。

iPhoneXに機種変更する際には、特にAndroidユーザーは注意が必要です。



もともとiOSユーザーの方でしたら、icloudなど利用して簡単に機種変更することが出来ます。

ですがAndroidユーザーの方は、そもそも元となるOSが異なるということが大きな要因となり、操作性も大きく異なるため、慣れるのに長い時間を要するでしょう。

Android端末のほとんどの機種に搭載されているイヤホンジャックもないため、注意が必要でしょう。