縛り期間が済んだら、iPhoneXに機種変更

携帯電話の契約には「縛り」があります。


ケースバイケースですが、2年の間、機種変更が出来ない等の制約が多いです。

その縛りの期間に機種変更すると、ペナルティを受けます。


主に罰金という形で、違約金を支払うペナルティが多いです。そのため、多くのユーザーは契約したとおり、2年間は機種変更をしません。

また機種変更をしたいと感じる程、魅力的な製品が出なければ、わざわざペナルティを支払ってまで乗り換える意義が無いです。



裏を返せばペナルティが発生する縛りの期間さえ過ぎれば、後は自由に機種変更が出来ます。


契約した当初、最近の機種だったスマートフォンも、今からすれば古いタイプになっているはずです。

アップルでは、iPhoneXのリリースが間近です。

iPhoneXは最新鋭のパーツを搭載したアップルの最新機種です。

契約の縛り期間がそろそろ満了を迎える方は、iPhoneXへの乗り換えを検討してみましょう。

デザインが刷新された最新のiPhoneXをゲットすれば、最高の満足感が得られます。



iPhoneXに乗り換えれば、周囲からの注目度は抜群です。

職場や学校で大きな話題を集めたい方々にオススメです。
機能面も大幅に強化され、より快適にネットサーフィンが出来ます。


普段からスマートフォンをヘビーに使っている人々には特にオススメ、各キャリアで乗り換えられますので、同キャリアで変更するのも良いですし、あえて別キャリアに乗り換えるのも良いでしょう。


iPhoneシリーズの最新機種であるiPhoneXの発売が決定しました。今回の最新版iPhoneは従来のものとは一線を画す完成度になっており、今後のスマートフォンの進化に影響を与える可能性が高そうです。しかし、販売価格がiPhone11万円ほどということもあり、機種変更に踏み切ることを躊躇している人も多くいると思われます。



そこで今回はiPhoneXの特徴を考えながら機種変更の必要性について結論付けます。

iPhoneX最大の特徴は外装の変化です。

前面パネルは従来下部中央にホームボタンが設置されていました。

ここで指紋認証によるロックの解除やホーム画面への帰還を行っていたわけですが、今回のiPhoneXにはそれが設置されていません。

完全にホームボタンを消滅させたということになります。

これによりスマートフォンのほぼ全面を画面として使えるようになり、従来よりも広く大きい画面を堪能することが可能です。
では今までの指紋認証によるロック解除のためのボタンがなくなったならば、どのようにロックを解除すればよいのかというと、顔認証によるロック解除が挙げられます。
今回、iPhoneXには顔認証機能が搭載されています。


高クオリティの前面カメラにより顔の情報を正確にとらえ、ロックを解除できるようになっています。

以上のように、外観の美しさや機能性を向上させ、顔認証ロック解除を取り入れるなど、新たな機能を多数盛り込んでいることからも、機種変更をするのは損ではないと言えます。